審美歯科

審美歯科とはCosmetic Dentistry in our clinic

審美歯科とは

『審美歯科』では、歯の白さや歯並びなど、口元の美しさにこだわり、銀歯を白い詰め物に替えたり、薬剤で歯を白くするなどの治療を行ないます。
ただし、どれほど審美面に優れていても、「食事や会話が思うようできない」など、機能面での不都合があったら、せっかくの美しい口元も台無しになってしまいます。そのようなことのないよう、当院では審美面だけにとらわれず、機能面も重視した総合的な審美歯科治療を行なっています。

白い歯や整った歯並びは、周りの人に清潔感や好印象を与えます。そして、口元が美しくなることで、自然な笑顔でコミュニケーションをとれるようになるなど、自分自身にもプラスになります。
「銀歯が目立つ」「歯の着色汚れが気になる」など、口元のお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

セラミック治療Ceramic treatment of our clinic

セラミック治療

『セラミック治療』は、『セラミック』という陶材を使って、詰め物・被せ物などをつくる治療です。セラミックは白いので、自分の歯のような自然な質感を再現でき、周りの歯になじむ美しい見た目に仕上がります。

虫歯の治療で使う詰め物・被せ物を、通常使われる金銀パラジウム合金、いわゆる銀歯にするのではなく、セラミックにしたり、過去に入れた銀歯をセラミックに取り替えることができます。

セラミック製の詰め物・被せ物には、以下のようにさまざまな種類があり、目的や部位などによって適したものを使います。

オールセラミッククラウン

素材のすべてにセラミックを使った被せ物です。
ほかの素材が混ざっていないので、色調や透明感に優れ、非常に美しく仕上がります。
また、外側だけでなく内側の土台もオールセラミックなので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

メタルボンドクラウン

外側がセラミック、内側の土台が金属でできた被せ物です。
土台が金属なので、色調や透明感は多少劣りますが、丈夫で長持ちます。 そのため、奥歯やブリッジなど強度が求められる部分に使うのに適しています。

ホワイトニングWhitening in our clinic

ホワイトニング

『ホワイトニング』は、薬剤を使って日ごろの歯磨きでは落とせない加齢による黄ばみや茶シブ・たばこのヤニなどによる着色汚れを落とし、本来の歯の色よりもさらに白く輝く歯へと改善する治療です。

ホワイトニングは、『オフィスホワイトニング』『ホームホワイトニング』『デュアルホワイトニング』の3つに分けられます。ここでは主に当院で行なっているホームホワイトニングについてご説明します。

ホームホワイトニングは自分で行なうホワイトニングで、歯型をとってその方に合ったマウスピースをつくり、そこに薬剤を入れ、1日数時間、歯に装着して歯を白くする方法です。
早ければ2~3回装着した後で白くなったことを実感できます。しかし、一般的には効果を実感できるまで時間がかかり、白く輝く歯を手に入れられるまで1ヵ月ほどかかります。
しかし、それだけ薬剤が深く作用するので、白さが安定し、透明度の高い仕上がりになります。再着色しにくいので、メンテナンスは、半年から1年に1回でいいでしょう。

なお、オフィスホワイトニングは、歯科医院でレーザーなどの光を当てて歯を白くする方法です。効果をすぐに実感できるというメリットがありますが、効果が長続きしないというデメリットもあります。
また、デュアルホワイトニングは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用し、両者のメリットを最大限に生かした方法です。効果をすぐに実感でき、それが長続きします。

担当医に聞いてみましたI tried to listen to the attending physician

担当医に聞いてみました

セラミックの詰め物はなぜ高価なのですか?

セラミックは自費診療の材料であり、保険診療の低価格の材料に比べ、見た目の美しさ、汚れの付きにくさ、変色のしにくさなどにこだわってつくります。
そのため、最新の技術により精密につくる必要があり、完成までの工程が多く手間がかかるので、高価になってしまいます。

ホワイトニングの効果はどれくらい持続しますか?

個人差がありますが、ホームホワイトニングは約6~12ヵ月、オフィスホワイトニングは約3~10ヵ月効果が持続するといわれています。
効果を持続させるには、定期的に追加のホワイトニングを行なう必要がありますが、その場合、初回よりも治療期間が短くなります。
少しでも効果を持続させ、再着色しにくい歯にするためには、歯科医院で定期的にメンテナンスを行ない、着色しやすい食べ物や飲み物を控えることが大切です。 また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとを両方行なうデュアルホワイトニングもお勧めです。

ホワイトニングで、白くなりすぎたり不自然になることはありますか?

ホームホワイトニングの場合、その可能性があります。患者さまの自己管理のもとで行なうので、必要以上に歯に薬剤をつけていると、白くなりすぎたりムラができることがあります。 ただし、治療方法をきちんと守っていれば、歯が少しずつ白くなって自然に仕上がり、ご自分の希望の白さで終了できます。
また、オフィスホワイトニングの場合、歯科医師がきちんとチェックしながら行なうので、心配ありません。

Copyright © 品川区大井町の歯科医療法人社団 孝誠会 クレール歯科クリニックAll rights reserved.