一般歯科

虫歯治療Caries treatment in our clinic

虫歯の原因

虫歯の原因

口の中にはたくさんの細菌がいます。細菌は口の中に残った糖分を栄養として、酸を作り出します。
この酸には、歯の成分を溶かしてしまう『脱灰』という働きがあります。しかし、唾液には溶け出した部分を修復する『再石灰化』(さいせっかいか)という働きがあるので、脱灰しても自然に元の状態に戻ります。
口の中ではこの脱灰と再石灰化が繰り返されています。しかし、口の中に糖分が多い状態などが続くと、脱灰しても再石灰化が追い付かず、やがて歯に穴があいてしまいます。
これが『虫歯』になる根本的な原因です。

そこに以下の3つの要素が関わり、虫歯を発症しやすいか否かに分かれます。
・歯質……歯の質や唾液の働きが強いか弱いか
・細菌……酸を作り出すミュータンス菌が多いか少ないか
・飲食物…砂糖を含む食べ物や飲み物の摂取量が多いか少ないか

特に、歯質が弱い、ミュータンス菌が多い、砂糖の摂取量が多いという方、これらの要素を複数持っている方、複数の要素の重なる時間が長い方が、虫歯を発症しやすくなります。
歯科医師から虫歯の予防に関するアドバイスを受け、虫歯になりにくい生活をするよう心がけましょう。

虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行と治療方法

虫歯は、“虫歯”という意味の『Caries』(カリエス)から『C』と表現され、進行の段階によってCO(シーオー)からC4の5段階に分けられます。そして、段階に合った治療を行なう必要があります。
各段階と治療方法は、以下のようになります。

CO(経過観察)

CO(経過観察)

症状………まだ歯に穴があいていません。見た目が白っぽくなりますが、ほとんど気づかず、自覚症状がありません。
治療方法……特別な治療は必要なく、正しい歯磨きやフッ素(再石灰化の促進効果のある物質)塗布などで、再石灰化を促します。これ以上進行しないようにすることが大切です。

C1(初期)

C1(初期)

症状………虫歯がエナメル質(歯の表面)に進み、穴があいています。見た目が黒くなりますが、痛みはありません。
治療方法…虫歯の部分を最小限に削り、レジン(白いプラスチック)を詰めて保護します。治療は1回で終わることがほとんどです。

C2(中期)

C2(中期)

症状………虫歯が象牙質(エナメル質の下の部分)まで進み、穴があいています。黒くなり、冷たい物・熱い物・甘い物がしみて、噛むと痛みがあります。
治療方法…虫歯の部分を削って型をとり、詰め物や被せ物で保護します。この段階で治療を受けておけば、歯髄(歯の神経)を残せます。

C3(後期)

C3(後期)

症状………虫歯が歯髄まで進んでおり、大きな穴が開いています。何もしていなくても、激しく痛みます。
治療方法…歯髄を取り、根管(歯髄の通っている管)を清掃・殺菌して薬剤を入れ、詰め物で保護する『根管治療』が必要になります。

C4(末期)

C4(末期)

症状………歯髄が壊死し、歯冠(歯のうち歯肉の上に見えている部分)がなくなります。 歯髄が壊死しているので痛みがありませんが、歯根の先に膿が溜まると激しく痛みます。
治療方法…抜歯して、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどで歯の機能性・審美性を回復させる必要があります。

小児歯科Pediatric dentistry in our clinic

小児歯科とは

小児歯科とは

小児歯科では、“歯と口の健康づくりは、乳歯が生えてきたときから”と考え、お子さまの歯を虫歯から守り、生涯にわたり口の健康を維持するための取り組みを行ないます。
ご家族の方が、お子さまの食生活や食後の歯磨きに気を配ることで、虫歯になるリスクは避けられます。しかし、それだけでは予防しきれないこともあるので、歯科医師による適切な診療やアドバイスを受けていただくことが大切です。
お子さまのうちからご家庭や歯科医院で歯のケアに慣れ、“口の健康を守ることの大切さ”を実感することで、将来、口の健康維持に苦労する可能性が大幅に減ります。

小児歯科の取り組み

小児歯科とは

歯磨き指導

お子さま自身による正しい歯磨きや、ご家族の方による仕上げ磨きについてご指導します。
自分できちんと歯を磨けるようになると、お子さまの自信につながります。 ご家族の方による仕上げ磨きも含め、楽しく歯を磨ける習慣が身につけば、虫歯の予防効果が高まります。

小児歯科とは

フッ素塗布

フッ素には、歯質の強化、酸の生成の抑制、再石灰化の促進により虫歯を予防できる効果があります。
歯にフッ素を塗る『フッ素塗布』を行なうことで、虫歯の予防効果が高まります。また、ごく初期の虫歯であれば治ることもあります。

小児歯科とは

シーラント

乳歯や生えたての永久歯の奥歯には、深い複雑な形状の溝があります。 そのため、歯ブラシが届きにくく、食べかすなどの汚れが溜まって虫歯になることあります。
その溝をあらかじめレジン(白いプラスチック)でふさぎ、汚れが溜まらないようにする処置が『シーラント』です。 毎日の歯磨きに加えることで、虫歯の予防効果が高まります。

Copyright © 品川区大井町の歯科医療法人社団 孝誠会 クレール歯科クリニックAll rights reserved.