予防歯科

予防歯科とはPreventive dentistry

予防歯科とは

『予防歯科』は、“口の病気になってから治す”のではなく、“口の病気にならないようにする”取り組みです。 虫歯になった場合、治療を受ければ虫歯の部分はなくなりますが、決して元の健康な歯に戻るというわけではありません。 一度虫歯になると、どんなに治療を受けても歯は弱くなるので、治療を繰り返していると、生涯にわたり口の健康を守ることが難しくなってしまいます。

口の健康を維持するためには、歯磨きなど自分で行なうセルフケアだけでなく、歯科医師や歯科衛生士によるプロケアを受けることも大切です。どちらか一方だけでなく、この両方を行なうことで、虫歯や歯周病の予防効果を高めることができます。

当院では、予防歯科として主に以下の取り組みを行なっています。

歯磨き指導

予防歯科とは

『歯磨き指導』では、まず患者さまの普段の歯の磨き方を確認します。その後、磨き方の癖や歯並びなどを踏まえ、デンタルフロスや歯間ブラシの効果的な使い方などを交えながら、患者さまひとりひとりに合った正しい歯の磨き方をご指導します。
「歯ブラシや歯磨き剤などの種類が多く、選び方がわからない」という方には、選び方をお教えします。

PMTC

予防歯科とは

『PMTC』は、歯科医師や歯科衛生士が専門の器具を使って歯のクリーニングを行なうことです。
どんなに丁寧に歯磨きしていても、歯と歯の間や、歯と歯肉の間などの細かい部分の汚れは、落としきれません。しかしPMTCであれば、そのような部分まできれいに磨いて、汚れをきちんと落とすことができます。たばこのヤニや茶シブなどの着色汚れも落とせるので、白くツルツルの歯を取り戻せます。
仕上げにフッ素塗布を行ない、再石灰化の促進や歯質強化の効果を得られるので、汚れの再付着を防ぎ、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

定期検診

予防歯科とは

生涯自分の歯で食事や会話を楽しむためには、日ごろから口の病気予防を心がけ、セルフケアはもちろん、プロケアを受け続ける必要があります。
そのために、当院では『定期検診』を実施しています。定期検診で虫歯・歯周病の有無や歯並び・噛み合わせの状態などを確認することで、口の病気の早期発見・治療を行なえます。また、歯磨き指導やPMTCを行なうことで、口の病気の予防効果を高められます。
患者さまの口の状態によりますが、3~6ヵ月に1回、定期検診を受けていただくことをお勧めしています。口の健康維持を意識し、1本でも多くの歯を残せるよう、積極的に予防に取り組みましょう。

担当医に聞いてみましたI tried to listen to the attending physician

担当医に聞いてみました

『予防歯科』は、普通の治療と何が違うのですか?

普通の治療では、虫歯や歯周病などの病気を治す処置を行ないますが、『予防歯科』では、それらの病気を未然に防ぐ処置を行ないます。つまり、歯や口の中を健康な状態に保つために、病気になってからの“治療”ではなく、なる前の“予防”に重点を置くということです。
予防歯科では主に、歯磨き指導、クリーニング、定期検診などを行なっています。患者さまがご自分で適切なケアを行なうことも重視し、それは子どものときから取り組むことが大切だと考えています。
将来の歯や口の環境を整えるために、最も注目されている歯科医療分野です。

毎日きちんと歯磨きしていますが、それだけではいけないのですか?

予防歯科では、患者さま自身が行なう『セルフケア』と、歯科医院で行なう『プロフェッショナルケア』の両方が必要です。
特に予防歯科の効果を左右するのがセルフケアで、これにより歯と歯の間などにつく歯垢を落すことができます。 歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用することで、除去率が上がります。 歯垢を落としきれないと、やがて歯石へと変化します。歯石は、一度ついてしまうと歯ブラシなどで落とすことができないので、歯科医院で専門の器具を使って落とすしかありません。 これがプロフェッショナルケアです。
歯科医院で磨き残しなどを見てもらうようにし、定期的に患者さまに合ったプロフェッショナルケアを行ないましょう。患者さまと歯科医師が協力し合うことで、歯や口を健康な状態に維持することができます。

歯が悪くなくても、歯科医院に行っていいのですか?

もちろんです。ぜひいらしてください。
虫歯や歯周病の大半は、自覚症状のないまま進行してしまいます。特に自覚症状がなくても、歯科医院で定期的に検診を受けることで、早期発見・早期治療ができ、将来歯を長持ちさせることにつながります。

Copyright © 品川区大井町の歯科医療法人社団 孝誠会 クレール歯科クリニックAll rights reserved.