インプラント

インプラントとはImplant in our clinic

インプラントとは

『インプラント』は、歯周病などで歯を失った部分の顎の骨に『インプラント』という人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けて歯の機能性と審美性を取り戻す治療です。

インプラントは、チタンという人体になじみやすい金属でできています。そのため、顎の骨としっかり結合し、外れたりずれたりすることなく、自分の歯のように強い力で噛むことができます。
その上に取り付ける人工歯は、セラミックという白い陶材でできています。自然な質感を再現でき、自分の歯のような美しい見た目に仕上がります。

失った歯に代わる人工歯をつくるという点では入れ歯やブリッジと同じですが、歯や歯肉だけでなく、その下の歯根からつくるという点で入れ歯やブリッジと大きく異なります。

全世界で採用されているインプラント
「Straumann® デンタル インプラント」を採用していますstraumann

ストローマン

インプラントには多くの種類があります。
国産、外国産など様々で、日本でも50種類以上のインプラントメーカーが存在しますが、材質、構造は各々特徴があります。
将来的にあなたのお口の一部となるインプラントですから
「自分の口の中のインプラントはどういったものなんだろう…」
というような事にならないためにも、信頼性の高いインプラントを選択しましょう。

インプラントとは

インプラントは、金属であるチタンが骨に結合することが発見されてから、多くの研究を経て、1965年にスクリュー型(ネジのような形)のインプラント体を用いて、人への臨床応用が開始されました。

Straumann®はそのインプラント創世記から50年に渡る研究開発と充実した検査体制のもと、グローバルで活動する非営利学術組織とのパートナーシップにより、学術的に裏付けのある製品を提供しています。その長い年月の研鑽の積み重ねにより、今日では世界シェアNo.1のメーカーとして多くの患者さまにより良い治療を提供しています。

ストローマンインプラントの特徴

現在、インプラントは長年の研究により安全で確実な治療方法となっています。多くのメーカーが研究開発をしており、いずれも10年予後90%以上の成功率を保っています。しかし当院では患者さまにより良い治療を受けて頂くために、以下の理由でストローマンのインプラントを採用しています。

1.短期の治療が可能

通常インプラントは一度目の手術の後3ヵ月ほどで2度目の手術を行い、被せ物の型どりを行い、噛めるようになるまで3~6ヵ月ほどの期間がかかります。当院で採用している最新式のインプラントは、一度の手術で最短1.5ヵ月ほどでかぶせ物の型どりを行うことができます。

2.被せ物の修理が可能

Straumann®のインプラントは、超精密な極小のネジで固定を行なっており、被せ物が破損した場合も、被せ物のみ外して修理や作り直すことが可能です。また専用器具により即座に外せるので、メンテナンスも簡単に行えます。

3.統一された規格性

Straumann®は、統一されたシステムを構築し、同社の全ての製品に高い互換性があります。また、国内でも多くの歯科医院が導入しているため、あなたがインプラント治療を当院で行い長い年月が経ち、もしトラブルが起きた時、様々なご都合で当院に通えなくなったとしても、比較的簡単に導入している歯医者さんを見つけられるので安心です。

4.ジルコニアとの合金による高い強度

従来のインプラントは純チタンが用いられてきましたが、Straumann®の最新のインプラントはRoxolid®と呼ばれる、ジルコニアといういわゆる人工ダイアモンドとの合金により、20%以上の高耐久化に成功しています。

インプラントのメリット・デメリットAdvantages and disadvantages of the implant

インプラントのメリット・デメリット

インプラントはメリットの多い優れた治療ですが、デメリットもあります。
メリットだけでなく、デメリットもきちんと理解して納得したうえで治療を受けることが大切です。

インプラントのメリット

  • 硬いものでも力を入れてしっかりと噛める
  • 周りの歯になじむ自然な見た目に仕上がる
  • 口の中で異物感がない
  • ずれやガタつきがない
  • 健康な歯を削る必要がない

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要なので、身体への負担が大きい
  • 日ごろのケアだけでなく、歯科医院での定期的なメンテナンスが必要になる
  • 顎の骨とインプラントが結合するまで待つので、治療期間が長くなる
  • 自費診療なので、治療費が高額になる
  • 糖尿病・心臓病・高血圧など全身疾患のある方は、治療を受けられない場合がある

インプラントのリスクRisk of implant

インプラントのリスク

インプラントのリスク

インプラントは、外科手術をともなう治療なので、リスクがまったくないわけではありません。
治療を受けるにあたり、以下のようなリスクが生じる場合があることも知っておきましょう。

  • 顎の骨の穴を不適切な方向にあけると、隣の歯・骨・神経や血管などを損傷する
  • 上顎を治療する場合、鼻や上顎洞(鼻の横の空洞)にインプラントが貫通する
  • 技術不足のため、手術をミスする
  • 歯磨き指導をはじめとする衛生指導がきちんとできておらず、衛生状態が悪くなる

インプラントには、以上のようなリスクが生じる可能性がありますが、これらはほとんど検査・診断・治療技術・治療経験などの人為的な問題によるものです。
人間が行う治療である限り、安全性を100%保証することは困難ですが、限りなく安全な治療を行なうことが大前提であり、そのためには経験と実績を日々積み重ねていく必要があります。

インプラントのリスクを回避するための安全対策

一般的に、インプラントは1人の歯科医師が治療することがほとんどですが、当院では場合によっては2人以上で手術を行なっています。 また、多くの検査を行ない、それらを総合的に見てさまざまな角度から検討し、その方にとって一番安全な方法で治療を行なっています。
このように、あらゆる部分に細心の注意を払うことで、リスクを最小限に抑えることが可能と考え、 丁寧な診断・治療を行ない、豊富な治療実績を築き上げています。

なお、当然のことですが手術後にはしっかりとしたメンテナンスを行なっているので、ご安心ください。

インプラント治療の流れImplant treatment of flow

無料相談受け付けております

インプラント治療は、一般的に以下のような流れで行ないます。

Step1

STEP 1カウンセリング

患者さまの症状を拝見し、治療の内容・期間・費用など、インプラントの概要をご説明します。
お悩み・不安な点・ご要望などがありましたら、お気軽にお話しください。

Step2

STEP 2検査・診断・治療計画

レントゲン写真撮影、口腔内写真撮影、顎の骨の検査、噛み合わせの検査などを行ない、それらを総合的に見てさまざまな角度から検討し、治療計画を立てます。

Step3

STEP 3一次手術

歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、インプラントを埋め込み、インプラントの頭部を歯肉で覆って縫合します。

Step4

STEP 4治癒期間

顎の骨とインプラントが結合するまで、通常約3~6ヵ月待ちます。
この期間は、仮歯を使用できる場合もあります。

Step5

STEP 5二次手術

再び歯肉を切開し、インプラントの頭部を出し、そこにアバットメントという人工歯との連結部分を取り付けます。
歯肉が治るまで、通常約1~6週間待ちます。

Step6

STEP 6人工歯の作製・装着

型をとってその方の歯の色や形状に合った人工歯をつくり、アバットメントに取り付けます。

Step7

STEP 7メンテナンス

インプラントを長く快適に使い続けるために、定期的にメンテナンスを受けていただきます。

インプラントのメンテナンスMaintenance of implant

メンテナンスの体制

メンテナンスの体制

インプラントを長く快適に使い続けるためには、毎食後の歯磨きなど日ごろのケアが大切です。 また、年に最低2~4回、歯科医院でメンテナンスを受ける必要があります。

このメンテナンスを受けていただくことによって、口の病気やインプラントのトラブルを早期発見・治療でき、インプラントを問題なく使っていただくことができるのです。 このメンテナンスを受けていただけない場合、万が一インプラントに関するトラブルなどが発生しても、責任を負うことはできませんので、ご了承いただけますようお願いいたします。

メンテナンス時のチェック項目

当院の定期メンテナンスでは主に以下の項目を確認し、インプラントを長く快適にお使いいただけるよう努めています。

  • インプラント周囲炎(インプラントの周りの組織が破壊され、歯周病のような状態になること)を発症していないか
  • 人工歯が緩んでいないか
  • 歯並び・噛み合わせが適切か
  • 歯磨きなどのケアがきちんとでき、衛生状態を維持できているか

担当医に聞いてみましたI tried to listen to the attending physician

担当医に聞いてみました

興味はあるのですが、どうしても手術が怖いです。

たしかに「手術」と聞くと怖いイメージをもたれると思います。その理由の多くは、痛みへの不安から生じるものではないでしょうか。 手術の多くは局所麻酔下で行ないますが、患者さまの状況によっては全身麻酔下で行なうことも可能です。 それにより、痛みのない状態で手術を行なえます。人によっては「虫歯の治療より楽だった」と言われる方もいます。
また、手術前には、治療を行なうのに十分な骨量があるかどうかなど精密な検査を行なっているので、ご安心ください。

治療費が高額なので、どうしても治療に踏み切れません。

無理に治療に踏み切る必要はありません。歯を失った部分に対する治療方法は、入れ歯やブリッジなどもあります。 ただブリッジは、失った歯の隣の歯を削る必要があります。虫歯などになっていなくても、健康な歯を削るということです。 削った歯は戻ってきません。自分の歯を少しでも残すことを考えると、失った部分だけの処置ですむインプラントがいいと思われます。
もしインプラントにした場合、何十年も使い続けてはじめて「高額ではなかった」と実感できるのではないでしょうか。

インプラントが壊れることはありますか?

インプラントは丈夫にできていますが、壊れることはあります。定期的に歯科医院に通い、インプラントへの負担が大きくなっていないかチェックしてもらうことが大切です。

Copyright © 品川区大井町の歯科医療法人社団 孝誠会 クレール歯科クリニックAll rights reserved.