歯周病

歯周病の原因The cause of periodontal disease

歯周病の原因

口の中にはたくさんの細菌がいます。細菌は口の中に残った糖分を栄養として増え、『歯垢』という白く軟らかい集合体になります。歯垢は、歯と歯の間、歯と歯肉の間などに溜まり、やがて白く硬い『歯石』へと変化します。細菌はそこを温床として毒素を出すようになります。これが『歯周病』の原因です。
歯周病になると、歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)が少しずつ破壊され、歯肉の腫れ、出血、口臭、歯のグラつきなどの症状が現れるようになります。それらを放置すると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

日本人の30歳以上の方の約80%、40歳以上の方の90%以上が歯周病にかかっているといわれており、歯を失う原因の第1位になっています。
歯周病は自覚症状のないまま進むので、異変を感じたときには重症になっていることもあります。口の健康を守るために、正しい歯磨きをするのはもちろん、歯科医院で定期検診を受け、自覚のない症状を発見してもらうなど、歯周病になりにくい生活をするよう心がけましょう。

歯周病の進行と治療方法Progress and method for the treatment of periodontal disease

歯周病の進行と治療方法

歯周病は、進行の段階によって“健康な状態”から“重度の歯周炎”の5段階に分けられ、段階に合った治療を行なう必要があります。
各段階と治療方法は、以下のようになります。

健康な状態

歯肉炎

症状………特に炎症などは起きておらず、歯周ポケット(歯と歯肉の間)が1~2mmで、健康な状態です。
治療方法…特別な治療は必要なく、正しい歯磨きを続け、発症・再発しないようにすることが大切です。

歯肉炎

歯肉炎

症状………歯周ポケットが2~3mmで、歯肉に炎症が起きていますが、自覚症状はありません。
治療方法…正しい歯磨きで元の状態に戻ります。これ以上進行しないようにすることが大切です。

歯周炎(軽度)

歯周炎(軽度)

症状………歯周ポケットが3~5mmで、歯肉だけではなく歯槽骨にも炎症が起きていますが、自覚症状はほとんどありません。
治療方法…正しい歯磨きや歯科医院での歯石除去で、元の状態に戻る可能性が高くなります。

歯周炎(中度)

歯周炎(中度)

症状………歯周ポケットが4~7mmで、歯槽骨は半分ほど溶けており、歯のグラつきを感じることがあります。
治療方法…場合によっては、歯周ポケットの奥深くの歯石を取り除く外科手術を行ないます。

歯周炎(重度)

歯周炎(重度)

症状………歯周ポケットが6mm以上で、歯槽骨が2/3ほど溶けており、歯がグラついて硬いものを噛めなくなります。
治療方法…外科手術による治療を行ないます。場合によっては抜歯し、インプラント治療などを行ないます。

Copyright © 品川区大井町の歯科医療法人社団 孝誠会 クレール歯科クリニックAll rights reserved.